まるまる日記

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧




ペットショップの怪

ペットショップの前にあった立て看板の文字に一瞬戸惑った。

生体販売

しばらくしてから気がついた。
ああ、生きているワンやニャーを売ってるってことね。
ふ~~ん…そっかぁ…。

知人に「絶対に、犬に餌をやるだし、子供におもちゃを買ってやるだ」と言い張る人がいる。
でも今は「犬に餌をあげる」や「子供におもちゃを買ってあげる」が主流だ。
それに、特に外国の女の人がそれを使うと、ちょっと強すぎるイメージになっちゃうでしょう。
教える時は、本来はこうだけど、最近はこう使う人もたくさんいますよって教えている。
でもあまり感情は入れずに、もっと割り切ったほうがいいのかな。
何といっても、日本語を考える上で上下関係は重要事項だ。

生体販売ももっとドライに考えればいいのかもしれない。
確かに生きている個体を販売しているんだしね。
なんとなく、ちょっと怖いイメージは否めないけれど。


「生体販売」の下に小さく書かれていた 「オーダーも承ります」。
これもまた分からなかった。
…ああ、子犬の予約販売ってこと?
耳はチワワで眼はシベリアンハスキー、体はドーベルマンの犬を
オーダーできる訳ではないのね。
ああ、よかったよかった。


巨大宇宙ステーションのようなところで
たくさんの大きな縦長の水槽の中で培養されているのは
オーダーによってデザインされた新種の犬…

なんて恐ろしげな映像がしばらく頭の中をグルグルしてしまったおバカな私。
[PR]



by maru-blog | 2008-09-25 14:22

教室風景・3

今頃の日本語学校はたいてい学期末を迎えていて
なにかとガタガタしています。
9月の学期末は期末試験があったり、
この学期を最後に帰国する学生がいたり、
学校側も10月期生を迎える準備をしたりと、
教師も学生も落ち着かない毎日を迎えることになります。

ある年の9月、もう間もなくその学期も終わりに近づいていたある日のこと、
授業後に一人の学生がおしゃべりをしにやってきました。
話のついでに出た質問は、
「先生の好きな花は何ですか」
何気なく
「私は露草が好きです。
○○さんは、露草、知っていますか」
当然答えはノー。
たぶん初めて聞いた名前でしょう。
日本語初級の彼には「露草」の名前を覚えるのが精一杯だったようです。
「えっ、つゆくさ、ですか。
つゆくさ、つゆくさ…難しいですね」

最後の授業の日、彼がやってきました。
「先生、最後に先生の好きな花をプレゼントしようと思いました。
でも花屋にはありませんでした。
だから、ありがとうございましたの言葉だけです」

あ~~、そうだったのかぁ。
だから私の好きな花の名前を聞いたのね。
ありがとう!!
○○さんの気持ちがとてもとてもうれしいです。
お店にまで行ったんですね。
本当にどうもありがとう!!

でも私は確かに彼に伝えたんです。
「雑草のたぐい」なんて言っても初級の彼には伝わらないと思い、
「露草は花屋には絶対にありません。道の横にあります。
そして夏の花ですから、今はもうないと思います」って。
でも既に「露草」で混乱してしまった彼には
私が後に付け加えた説明は頭に入らなかったようで…。

「100本の赤いバラ」って言えばよかったかな。

この時期、まだがんばって咲いている青い露草を見ると、
ちょっと微笑ましく、そしてとてもありがたい気持ちになります。
[PR]



by maru-blog | 2008-09-16 14:59

代々木上原駅前の日本語教室~Language Studio・まる~を主催する maru*maruの不定期日記です。
by maru-blog
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧