まるまる日記

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧




電車の中で考えたこと

私のショルダーバッグには、水色と白の小さいボール状の飾りがついています。
そのバッグを肩にかけて電車へ。
比較的混雑している車内にはベビーカーに赤ちゃんを座らせた外国人夫婦が。
込み合っていることもあり、私はそのベビーカーの真横に立ちました。
しばらくすると、なにやらバッグが引っ張られている感覚。
ふと見ると、その赤ちゃんがバッグについているボールで遊んでいました。
「フワッチーチス?」
たぶん英語の赤ちゃん語で「これは何なのか」と問うていると思った私は、
「ああ、これはね、ボールだよ、ボール」と教えてあげたのです。

横に立っている両親を見ると、ただ赤ちゃんを見つめているだけで、
夫婦二人の会話を続けていました。
この場合、日本人だったら99%の確率で
「あらあら、〇〇ちゃん、ダメよ。それ おねーちゃん のものでしょ」
となるはずなのです。
人によっては
「すみません、この子、落ち着きがなくて」と、赤ちゃんと私の間に入ってくるかもしれません。

赤ちゃんが目の前でブラブラしているものがあったら触ってみたくなるのは当たり前。
それをいちいち「すみません」なんて言うのは不自然と思うのか…。
大体バッグについている飾りを触ってみるなんて、悪いことではないから
親が謝る必要もないと感じるのか…。
個人を大切にする国民性だから、たとえ赤ちゃんとの関係でも
親が介入してくることはないのか…。

そういえば昔、似たようなことを見たことがあります。
公園で子供たち(金髪の子&日本人)が遊んでいて、
一人(金髪の子)がもう一人の子(日本人)のおもちゃを取り上げ、
取られた子は泣き出して自分の母親に訴えたのですが、
取り上げたほうの子供の親は、一部始終見ていても何も言いませんでした。
日本では絶対に親が入ってきますよね。
「ダメよ、〇〇ちゃん。これ△△ちゃんのしょ。返していらっしゃい。
△△ちゃん、ごめんね」
そして、たぶん△△ちゃんの親にも謝るでしょう。

当時ハタで見ていて、そうしない金髪の子の親にぶったまげたものですが、
世界にはいろんな考え方や常識があるんだなぁと今では思います。

どちらがいいとか、正しいとかではなく、
子育ての意識の違い、人との関わり合い方の違いを感じた出来事でした。

いろんな考え方があってもいいと思うけどね、今ではね。
[PR]



by maru-blog | 2008-12-26 15:05

父親似

コンタクトレンズを利用している方なら
風の日の外出がどんなに気が重いかご理解いただけると思います。
コンタクト愛用者である私もそんな一人。

季節はずれの台風のような強い風が吹く日、私は父と歩いていました。
少しでも風をよけようと年老いた父を先に歩かせ、
もうすっかり小さくなってしまったその背中を楯に歩いていました。
そんな親不孝が祟ったのか、突然目に激痛が。
かなり大きいゴミが目に入ったようで、その痛さに両目ともあけていられなくなりました。

「おとうさーん、ちょっと待ってよー。目にゴミが入ったよ」d0139476_954360.jpg
別に急いでいるわけでもないのに、先を行く父は振り向きもせず一言。

「そんな細い目にゴミが入るわけがないだろうがッ!」

そ、そうきたか!
細い目&一重コンプレックスの私には
こんなところで思いもかけない強烈なカウンターパンチ。
まさに泣きっ面にハチ、弱り目に祟り目。
予期していなかった分、その衝撃は大きい。



出てきた涙は何の涙だったんだか。




でもねおとうさん、
私はおとうさん似なんだってさ。
[PR]



by maru-blog | 2008-12-24 10:09

似顔絵

こんなもの見つけました。
好きなパーツを組み合わせて、自分の似顔絵を自由に作ることができます。

d0139476_13151115.gif

似顔絵は http://www.tukaerusite.com/ で作成しました。
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

イラストの私はフェレットを抱えてニンマリしております。
フェレもチョイスできることに感激。
大部実物より美化されていますが、
個人的にはほうれい線を入れたことで、より本人に近くなったように思います。
作品としては完璧。
でも女子としてどうなんだか…ねぇ。
[PR]



by maru-blog | 2008-12-17 13:26

日曜日AM4:30 雨

我が家でちょっとした警察がらみの騒ぎがおきた。
たいしたことではないのだが、パトカーが2台もきてくれた。
警察の不祥事が取り沙汰されている昨今ではあるが、
こうして些細なことにまで2台も出動してきてくれると本当に安心する。

冷たい雨が降りしきる日曜日午前4時30分、
目撃者、通報者、被害者である私は
傘もささずにパジャマ姿で警察に事情を説明していた。
最後にお巡りさんが一言。

「面通ししたら犯人がわかりますか」

私は一瞬たじろいだ。
記憶が曖昧だったらどうしようという心配でもなく、
もし相手に私のことがバレちゃったらどうしようという恐れでもなく。

「面通し」というのは警察内での専門用語ではないのか。
それを一般市民とのやり取りで使っていいのか。
ここは「相手から分からないようにするから、
犯人を見たら、その人かどうか分かるか」と聞くのが適切なのではないか。

テレビの力はすごい。
警察内の専門用語も刑事もののドラマのおかげで私たちにまで浸透している。
「ボスッ!面通ししたところヤツが犯人だと確認できました」
「…(ブラインドの隙間から外を見つつ)そうか…やはりな」
なんて場面を通して私たちは普段耳にすることもない言葉を覚えてしまう。
想像力たくましき私はいろんなことを思う。

「ボスッ!面通ししたところヤツが犯人だと確認できました」
ボスッ!である私はブラインドの隙間から外を見つつ答える。
「そう…やっぱりね。
青島君、指紋をもう一度確認してきてちょうだい。どこかに残ってかもしれないわ。
それから付近の聞き込みもお願いね」
「わかりました、ボスッ!」
(独り言)「ふぅ…長い夜になりそうね」

ってなことを考えていたら、お巡りさんたちはパトカーに乗ってサッサと行ってしまった。

あ、あの、指紋とらなくていいんですか、指紋。
ちょっと取っててくださいよぉ、指紋。

雨の降る中、私の妄想は打ち切られたのだった。
[PR]



by maru-blog | 2008-12-16 10:14

暖をとる

本格的に寒くなってきましたね。

フェレットの牧ちゃんと絵里ちゃんがまだ元気だった頃、
冬の夜の暖房と言えば、この二人(二匹?)でした。

d0139476_10201456.jpgd0139476_10234670.jpg
夜になると遊び疲れてま~るくなって熟睡する二人(二匹?)を
そのままそっと布団の中へ移動。
一人は背中のあたりに、そしてもう一人は足元のあたりへ。
しばらくそうしておくと布団全体が温まるので、そうなったらお布団へGo!
上と下にいる子たちをおなかのあたりに集めれば
背中もおなかも足元も暖かく、
とても快適に寝られたのでした。

今は二人ともお星さま*.☆.*になってしまったので
どうしているかといえば、湯たんぽ。
こちらもなかなかのものです。
「湯たんぽ」って言葉の響きも好きだし。
最近また見直されてきているようですね。
いろんな商品が出ています。

でもやっぱりあの二人のホンワカした暖かさが懐かしい。
夜中、暖かくなりすぎると(なにせ毛皮を着ている人たちなので)
布団の外へ這い出そうとするのですが、
暑くて出ていこうとする子たち VS 少しでも暖かさを押しとどめようとする私
のお互い寝ぼけたままでの攻防戦も、それはそれで楽しかった。
なにより、朝おなかがすいた彼女らは
「ご飯ちょうだい。ご飯ご飯!」とちゃんと起こしに来てくれました。
湯たんぽはそこまで面倒みてくれないものねぇ。

来年は犬でも飼おうかなぁ…。
[PR]



by maru-blog | 2008-12-09 10:40

代々木上原駅前の日本語教室~Language Studio・まる~を主催する maru*maruの不定期日記です。
by maru-blog
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧