まるまる日記

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧




まだまだお散歩

代々木上原にものんびりした場所、まだまだあります。
d0139476_9333693.jpg

d0139476_9341672.jpg
このねこちゃん、写真だとよくわかりませんが、
思いっきり小顔のねこちゃんです。
胸についているふさふさした白い毛でカモフラージュされてやっと普通の大きさに見えますが、
子猫みたいに小さいお顔です。
何ともうらやましいかぎり。
d0139476_945360.jpg

こちらは「健康の散歩道」。
普通の小さな公園の一角にあります。
靴を脱いで石の上や丸太の上を歩いて1周すると健康になるんですと!
痛い場所から分かる「病んでいる場所」の解説板もあります。
あたりを見回し、誰もいないことを確認し、靴を脱いで1周してみました。
平たい石が縦にびっしりと置かれている場所が一番の難所。
これで足湯でもあれば行楽地気分になれるのに。
[PR]



by maru-blog | 2009-06-24 09:50

お散歩三昧

夏が来るまでの間にお散歩を楽しもうと、最近はお散歩三昧の日々。
なぜ「夏が来るまでの間」なのかと言うと
私、夏が大の苦手なんです。
暑さと湿気ですべての思考能力は停止し、全身体機能も低下。
普通の生活が営めません。
冬眠ならぬ夏眠状態。
なので「夏がくるまでの間」なのです。

まず東大キャンパスリサーチ。
むか~し昔は東大宇宙航空研究所と呼ばれていたのですが、
いつの頃からか横文字名前に変わっちゃったのね。
でも煉瓦造りの時計台は今も健在で、
相変わらずこの場所のシンボル的存在。
d0139476_10511287.jpg

立派です。
好きだなー、この時計台。
50年以上の歳月にもびくともしないで建っております。

時計台のほかにも、建てられた当時はすこぶるモダンだっただろうと思われる
煉瓦造りの建物が点在していて、なかなかいい感じ。

その煉瓦の建物と建物の間には
コンクリート打ちっぱなしのビルもあちこちにそびえ立っております。
東大の教授の誰かか、東大卒の建築家さんのデザインなのでしょうね。
近未来的でおしゃれです。
それでいて重厚な感じで、たぶんちょっとやそっとの地震にはへこたれない。
d0139476_1032726.jpg

そしてそんな超近代的なビルの前にはレンゲの花が咲き乱れる運動場が。
モンシロチョウものどかに飛んでいます。
そういえばキャンパスの中の道路は銀杏並木だし。

煉瓦の建物に、近未来的なビル。
レンゲの花に銀杏並木。
ところが不思議なことにそのどれもが、何とも調和していないのです。
煉瓦は煉瓦、ビルはビル。
レンゲはレンゲで、銀杏は銀杏。
歴史を感じるもの、近未来的なもの、人口的なもの、自然を感じるもの、
これだけいろんなものがあるのに、
それぞれがそれぞれの存在を主張し、
お互い調和することなく、ひたすらに自分をアピールしているのです。
ただ混沌としている状態をみていると、
渾然一体なんていう言葉が陳腐にさえ思えてしまいます。
それくらいそれぞれが持つ圧倒的な存在感。
それぞれが持っている交わることのない強烈な個性。
ある意味なんでもアリで、非常におもしろい空間です。
ま、なんてったって東大だからね、と自分では納得しているのですが。
(あ、東大関係者が他の人と調和しないってことじゃないですよ!!)

東大キャンパスリサーチからもう少し足を延ばすと
こ~~んな素敵な公園も!
d0139476_1034222.jpg

都会の中でちょっとだけ静寂を感じられる場所。
100%土の匂いがする場所。
突出したものをなにもなく、すべてが穏やかに調和している場所。
うんうん、安心。
d0139476_10345635.jpg

でもちょっと刺激がなさすぎる?
…おっと、まずい!!
強烈な個性に毒されたか?

梅雨空だって気にしない。
夏が来るまでの間にお散歩お散歩、お散歩三昧。
[PR]



by maru-blog | 2009-06-11 10:57

代々木上原駅前の日本語教室~Language Studio・まる~を主催する maru*maruの不定期日記です。
by maru-blog
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧