人気ブログランキング |

まるまる日記

2008年 04月 28日 ( 1 )




原作と映画化されたもの

私は読んだ本が映画化されてもほとんど見ない。
時間的に見られないのではなく、気持ちが向かない。
子供の頃大好きだったドリトル先生が映画化された時、
親にねだって見に連れて行ってもらったことがある。
本当に楽しみにしていたのに

ちがう!

それは私の頭の中のドリトル先生とは似て非なるものだった。
自分の想像を否定されたようで悲しかった。
以来、読んでおもしろかったものが映画化されても
劇場まで足を運ぶことはなくなった。
だから大ヒットしたあれも、すごく評判になったあれも、
本は読んでいるけれど、映画は見ていない。

本ではないけれど、ず~~~っと昔のマンガ(アニメじゃなくてマンガと言いたい)、
「マッハGoGoGo!」が映画になったとか。
マトリックスの監督みたいですぜ。

絶対見ませんから!

一見して悪者とわかる人たちと、
いいモンを絵に描いたような主人公のGo君とその仲間たち。
子供にも理解しやすい単純明快なストーリー。
あ、チンパンジーもいたよね、バブルス君みたいなお猿さん。
当時としてはスピード感たっぷりで、レース場面ではドキドキした記憶がある。

「当時としては」というのが大切で、CGを駆使したリアルなスピード感」じゃ
ヤダ!なのである。
違うものとして見ればいいのだろうが、
それなら違うものとして作っていただきたい。

お年頃の女性は、思い入れがあるものに関しては厳しい。

ところが。

「カレンダーボーイズ」。

これは大変おもしろかったにもかかわらず、
映画になったらいいのになと思った初めての本。
どうしてかなぁ。なんでかなぁ。
心変わりの理由はわからないけれど。
ま、お年頃の女性の気まぐれってことで。

今と小学校5年の時の自分を行ったり来たりする主人公たち。
やがて双方の時代にちょっとずつ歪みが出てくる。
でもあの3億円事件を阻止しなければならない。
二人それぞれの理由で。
ちょっと最後が切ない。
映画化の情報はいまのところ見当たらない。
が、「カレンダーボーイズ」、是非映画館で見てみたい。

ただし、
お年頃の女性は、思い入れがあるものに関しては厳しい。

よって、丁寧に作っていただきたい。
よろしくね、うふッ。



by maru-blog | 2008-04-28 13:50

代々木上原駅前の日本語教室~Language Studio・まる~を主催する maru*maruの不定期日記です。
by maru-blog
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

フォロー中のブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧